スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ログ・ホライズンTRPGリプレイについて

遅くなりましたが、「ログ・ホライズンTRPG リプレイ 山羊スラ戦車と終わらない旅 下」にプレイヤー・セイネとして、シリーズを通して参加させて頂きました。



リプレイ最終巻発売記念に、全四冊をパシャリッ。上二冊が傾いてますが、椅子の背もたれに縦2冊ずつ並べる撮り方ではこれが限界でした。上手く並べる技術が早急に求められます。あと帯の位置がずれすぎました。なんてこった(ただいま帰省中でして、写真が撮り直せない罠です)

Twitterでも前に呟きましたが、人生初TRPGがこれとは、初めて食べた中華料理が満漢全席なみの経験をしてしまったなと常々思っている綾里です。お腹いっぱい、果報者である。しかも、二回目、三回目のTRPGもこちらだったので、明らかに食べすぎです。ごちそうさまでした。

参加させて頂いた際、綾里はガチの初心者でしたので、もうこれは参考になるようなプレイなどできっこないし、精一杯この楽しさを読者の皆さんにお伝えするしかないと思っていたこともあり、毎回全力でただ楽しませて頂きました。リプレイをお読み頂いた方にはわかるかと思いますが、実際のやり取りも口調や語尾を除いてほぼそのままなので、毎回毎回、波乱万丈のセッションでとても面白かったです。何度笑い転げ、嬉々としてアーリースラストを放ちまくったことか。また、マスダさんやウルフ、ヘッジホッグのおじいちゃんのスーパープレイを、(なんか今凄いことが起こったぞ……)と思い、後からリプレイを読んで、「あっ、なるほど、これはこう凄かったんだ!」と学んだりと、いつも×2倍楽しませて頂きました。

セイネは、ありがたくもアニメにも登場させて頂きましたが、セイネは自キャラというよりもログホラの世界のお嬢さんだと思っているので、ああして動き回っている様を見ると、きっとにゃんこ亭のみんなはリプレイに収録された冒険の後も、私の知らないところで元気にしているのだろうなぁと思えて、とても嬉しかったです。

綾里は小学生時、気絶寸前までコントローラーを握っていたRPG好きでもあるので、実際に仲間と冒険に出られる、というのは思った以上の楽しさでした。セイネとして、にゃんこ亭のみんなとログ・ホライズンの魅力的な世界を駆け回り、大冒険ができたのは、忘れ難い思い出です。大人になっても、こんな楽しい冒険ができるとは思ってもみなかったんですぜ、ひゃっはー! ログ・ホライズンTRPGにはルールブックも出ていますし、冒険窓口も作られていますので、ぜひ、綾里と同じようにTRPG初心者だぜという方も一度遊んでもらえればと思います。そして、その冒険にこっそり、NPCにでもセイネを登場させてもらえれば嬉しいです。セイネはまだまだ友達募集中ですので。目指せ友達百人できるかな。

それでは、またどこかでお目に掛かれるような機会が、セイネにはあるといいなと願いながら、最終巻までありがとうございました。橙乃ままれさん、一緒に遊んでくださったプレイヤーの皆様を初めとした関係者の皆様に心からお礼を。読者の方にもお礼と、楽しい冒険がありますよう!

スポンサーサイト

改めましてサイン会のお礼とB.A.D.について

sikisi.jpg


サイン会について、B.A.D.チョコレートデイズ4の後書きにも書きましたが、あちらでは少ししか触れられなかったので。
せっかくなので、せっかくなので。ブログとはこういうことのために作ったんじゃよ。

本当はB.A.D.最終巻前後にブログを開ければよかったのですが、あの頃はバタバタしていましたので、今となりました。遅くなりまして面目ない。

改めまして、サイン会ではありがとうございました。本を買って頂いたり、ファンレターを頂いたりで、日々、読者様の存在を感じてはいるものの、直接お会いできる機会などほとんどないので、感激もひとしおでした。読者様とは、神様的な概念上の存在ではなく、この世に本当にいらっしゃるのだなと、当然ながらありがたすぎる事実に打ち震えた次第です。

会場まで足を運んでくださった方、本当にありがとうございました。お手紙やお菓子をくださった方までいて、とても嬉しかったです。何分、始めての経験でして、緊張からあまりゆっくりお話しできなかったことが唯一の心残りです。せかせかとしてしまい申し訳ありませんでしたが、とても、心より感謝しています。

また、会場ではお会いできずとも、読者の皆様全員に、とても感謝しています。B.A.D.は「探せ!綾里の全てをそこにおいてきた」レベルに心行くまで書き切ることができましたので、最後までお付き合い頂けて、ひたすらありがたい限りです。途中読みだよという方も、最後まで読むとまた全体の印象が違って見える作品でもあると思うので、ぜひ続きを手にとって頂けたら嬉しいなぁと思います。

上の美麗な画像は、B.A.D.最終回後、konaさんに頂いた色紙です。別名、家宝です。サイン会の折、ゲーマーズさんに展示された数枚の色紙を見て、私が欲しいと言っていたことを覚えていてくださり、シリーズ最終回記念にお描きくださいました。どこに引っ越ししようと、儂はこれを持って行くんじゃよ……。綾里のスキャナーが小さいので、画像中心に、メッセージは一部切り取らせて頂きましたが、ありがたくブログにも飾らせて頂きます。ヘッダー画像といい、konaさんに感謝をし続けるブログです。

B.A.D.はデビュー作にして、しみじみととても恵まれた作品だったと思います。
読者の方と関係者の皆様には改めてお礼申し上げます。

そして、新作「ヴィランズテイル」に関連して、B.A.D.にもまだ一つ、お知らせできることがあります。B.A.D.、特に小田桐と繭墨が好きな方には喜んでもらえるんじゃないかなと思うので、どうか気にかけてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします!

追記:こちら、情報が出ましたので。アニメイト様にて、B.A.D.とヴィランズテイルのコラボ小冊子付き特装版が出ます。90ページと文庫本三分の一の長さに、konaさんの新規挿絵もあります。繭墨と小田桐、新作の初姫と有哉を、怪異を通して彼らが会ったらどうなるのか、不気味に楽しく書いていますので、どうかよろしくお願いします。(http://www.enterbrain.co.jp/fb/blog/2015/05/01/7740)

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。